滋賀 琵琶湖 の 体験学習 施設 BSCウォータースポーツセンター 滋賀 琵琶湖 の 自然 体験学習 施設 BSCウォータースポーツセンター  
トップページ環境マネジメントシステム「BSC-EMS」 
 

環境マネジメントシステム ISO14001

 

BSCウォータースポーツセンターは 2001年4月から 環境マネジメントシステムの構築に取り組み
2002年12月13日 環境マネジメントシステム 「ISO14001」 の認証を取得し、
6年間 外部認証団体の審査を受け 登録を続けてきました。
5回の定期・更新審査で 1度の不適合事項もなく、BSCの環境マネジメントシステムは
確立され、維持し、実施し、改善されてきたことが実証されました。
6年間でISO14001のマネジメントシステムに関するノウハウも自ら有するようになり
このたび、更新審査を受けず、認証登録経費の削減のため 2008年12月12日をもって自己宣言方式に切り替えることにしました。


組織名称 株式会社 ビーエスシー・インターナショナル
BSCウォータースポーツセンター
適用規格 ISO14001
適用範囲 ウォータースポーツスクール&マリーナ
びわ湖 自然 体験 学習及びその関連事業

適用範囲からも分かるように 「紙・ごみ・電気」の削減を目標に掲げるのではなく
BSCの活動自体が環境管理活動を推し進めるような環境マネジメントシステムを実践してきました。
環境学習とは、自然の素晴らしさに、触れるところから始まると考えています。

株式会社 ビーエスシー・インターナショナル 環境方針
1・基本理念
  地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、BSCの活動のあらゆる面で、日本有数の美しい琵琶湖を中心とした自然環境の保全・汚染の予防に努め、BSCの関係者はもとよりBSCの施設・サービスを利用する人々に啓蒙し、行動する。
2・基本方針
  「世界に誇る美しい琵琶湖を守りつづけます」をスローガンとし、これを推進するための主な活動項目を次のとおり掲げる。
  (1) BSCが行う事業活動全般が環境に与えるかもしれない側面、影響を的確に捉え、同時にこれらが関係する適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、技術的、経済的に可能な範囲で当社としての環境保全のための目標、プログラムを定め、また見直しを行い、環境保全活動のシステムとパフォーマンスの経済的な向上を図る。
  (2) 琵琶湖を中心とした地球環境の保全活動を推進するため社員をはじめ施設利用者が活動できる環境管理組織を整備すると共に、原材料、エネルギー、廃棄物処理等供給関係者を含め協力・協同を図る。
  (3) BSCが行う事業活動が環境に与える影響のなかでとくに以下の項目について優先的に保全活動を推進する必要性を認識して全員参加の活動を展開実行する。これらの活動の基本となる環境管理システムは、文書化し、実行し、維持し、組織のために働くすべての人に周知する。
   

@ 自然体験学習事業と環境学習事業を継続的に推進し、啓蒙に努める。
A 廃棄物の管理と適切な処理を図る。
B 厨房、暖房、照明、設備等に関わるエネルギーの徹底した削減を図る。
C 紙類の有効利用と徹底した管理、削減、回収、リサイクルを図る。
D 異常時、緊急時に燃料・汚水等が環境に有害な影響を及ぼさないような予防処置に
   努め、その訓練を行う。
E 地球温暖化物質、有害物資の排出のないように十分管理する。

  (4) 環境内部監査を実施し、環境管理システムの継続的改善に努める。
  (5) 琵琶湖岸に位置する立地条件から特に次の事項に配慮して環境保全の活動を推進する。
    @ 琵琶湖湖岸の環境保全のため清掃に努めます。
A 琵琶湖湖岸の緑化と保全に努めます。
B 花を育て、花を愛でる活動を展開します。
C 自然を愛し、自然と共生するライフスタイルを、お客様と共に実践します。
  (6) 環境への取組み及び影響については、必要に応じて地域住民の皆様に開示いたます。

ビーエスシー・インターナショナル
2005/5/17 代表取締役 井上良夫


2008年12月12日までの認証登録証

 

 BSCからのおしらせ | 地図・アクセス | 環境マネジメントシステム | 特定商取引法に基づく表記 TOPへ ▲

BSC
ウォータースポーツセンター

滋賀県大津市南船路4-1
TEL:077-592-0127
FAX:077-592-1531
e-mail:info@bsc-int.co.jp